Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ >> カテゴリ:未分類

久しぶりに直売所に行ってみたよ


野菜がとても安くてよくお世話になっていた直売所ですが、自粛要請以来ずっと足が遠のいていました。今日は、そろそろ時期なので、梅干しを作る梅を買おうと思って行ってきました。

厚生省からのアプリ「COCOA」は入れましたが、家ではバッテリー節約のため位置情報とBluetoothはオフにしてwi-fiで繋いでいます。それらを全部オンにして出かけました。

自粛前はすごくお客さんがたくさん来るお店だったので、自粛が解除されてまた人が多くなっているのではと少し心配でした。入り口から覗いてみると、ほとんどの人がマスクをして、人と人との間隔を開けて店内を歩いているので、これなら買い物ができそうだと思って入店しました。

思った通り梅がどっさり出ていたので、大きな南高梅の安いのを二袋、あと野菜が安かったのでいくつか買ってレジに向かいました。
レジに10人ぐらい並んでいて、時間がかかるかなと心配しましたが、レジが終わって時計を見たら5分しか経っていなくてちょっと安心。COCOA は15分以上一緒にいないと認識しないので、お買い物ぐらいだったら大丈夫みたいですね。


ライン花3


買い物の後トイレに行ったら、押して開けるタイプのドアで(触って大丈夫かな)と気になりましたが、スエードっぽい布が持ち手に貼ってあったのでそこを押して入りました。金属製の取っ手よりもウイルスがつきにくいのかな。

個室に入った時に便座を拭く除菌スプレーがなかったのが残念でした。
今回はウェットティッシュを持っていたので、それで拭いて、ウェットティッシュはゴミ箱に捨てました。

いつも行くスーパーのトイレにはトイレットペーパーを使う除菌スプレーがつけてあるので、あって当たり前だと思っていましたが、ついていないところもあるなら、チェックしておかないといけないですね。

お店に入る時にアルコールで手の除菌はしますが、どうしても手が荒れるので、石鹸で手を洗うためにもトイレをチェックしておくのはいいと思います。


ライン花3


家に帰ってから梅を水に漬けました。
今こんな状態です。↓
なかなか黄色く熟していて、いい梅干しができそうです。

ume.jpg


梅を干すときに使ってるのはこんなの↓です。
前がガバッと開くから便利。
中にクッキングシートを敷いて梅や紫蘇の葉を並べます。
これなら物干し竿やフックに掛けて干せますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コーナン オリジナル 3段干しネット 40cm
価格:877円(税別、送料別)(2020/6/24時点)







スポンサーサイト



新しい生活様式(ニューノーマル)を工夫する


届いたアベノマスクは、結局プリーツマスクに作り変えて使っています。
こんな感じ。↓

maskremake.jpg

別の布で立体型も試してみたんですが、布合わせとかが私には難しい。
結局プリーツ型に落ち着きました。
ノーズワイヤーを入れて、ゴムは長さ調整できる結び方にしています。
ガーゼはさらしよりも柔らかくて、着け心地がいいです。

旦那様が仕事で毎日つけて行くので、洗濯を繰り返してだいぶくたびれてきました。
また新しいのを作ろうと思います。

ライン葡萄ライン葡萄 

マスクの他に、いろんな新しい生活様式が加わりました。

毎朝、新聞にアイロンをかけます。
郵便物などを持って入った時にもかけます。
新型コロナウイルスは高温に弱いので、 アイロンの低温でも殺菌になります。 

以前小説か何かで、外国の執事が朝、新聞にアイロンをかけてから主人に渡す描写があって、「そこまでするか」とびっくりしたのを覚えています。
でももしかしたらそれも、ページの皺を伸ばすためだけではなくて、感染予防のためもあったのかもしれないですね。

ライン葡萄ライン葡萄 

今のところ、家に持ち込むものは原則アルコールを含ませたキッチンペーパーなどでよく拭き、紙類は全てアイロンをかけるようにしています。

一度レシートにアイロンをかけたら真っ黒になってしまって慌てました。
感熱紙はアルコールで拭いても黒くなってしまいます。

それで、どうしてもすぐに見なければならないものだけ見てから、保管しなくていいものは捨てて、手をしっかり洗うことにしました。

保管の必要があるものは、ポリ袋に密封して一週間放置します。
ウィルスはプラスチックの上でも長いと3日位は活性化しているとのことなので、念のため一週間おくことにしました。

紙類以外にも、拭き辛い物や、しばらく使わなくて大丈夫な物などは、あまり頻繁に使わない部屋で一週間放置するようにしています。いつから使えるか忘れないように、一週間後の日付を「○月○日に片付ける」と付箋で書いて貼ってあります。

ライン葡萄ライン葡萄 

今レジ袋有料化が話題になっていますが、エコバッグもウイルスを付着させて家に持ち込むかもしれないと考えると、どう対処するか悩むところです。

A:洗える素材のエコバッグを使って、買い物のたびに家に帰って洗う。
B:エコバッグをいくつか用意して、一つ使ったら一週間放置して別のを使う。
C:100円ショップで20枚入りくらいのレジ袋を購入して数枚持っておき、使ったら毎回捨てる。

Cは趣旨に反していると思うしもったいないので×。
放置する場所があるならBが楽かな?
でもすでに部屋の隅がだんだん物置と化しているので、できるだけ放置は避けたい。
どうせ帰ったらマスクを洗うので、エコバッグも一緒に洗うといいかなと思っています。

でも、今持ってるエコバッグは水をはじくような生地ばっかりなんですよねぇ。
洗えるエコバッグ、買おうかな?作ろうかな?
あ、なんか楽しくなってきた。
「作る」に一票かも。
(*^○^*)



新型コロナウイルスが広まる前にちょうど買い換えたのがこのアイロンです。
コードレスだし軽いし、箸が薄くてマスクのプリーツ部分にもきれいに差し込めるし、
ケースも工夫されてて持ち運びも楽なので、毎日のアイロンがけが楽しいです。
中温だと電源ONから30秒くらいでかけられるのも早くて良い。
(^-^)

 








緊急事態宣言中の「我慢」という言葉に感じる違和感


東京で自粛要請が出てから2か月、全国の緊急事態宣言から1か月ちょっとです。
全国的に緊急事態宣言解除になるらしくて、テレビでは「ずっと我慢してきたので」「もういいかなって」みたいな街角のコメントが拾われています。

ん?我慢?

「我慢」って「辛い事を耐え忍ぶこと」って辞典には載ってるよ。
皆さん、ずっと耐え忍んでいるの?

はじめの頃の新型コロナウイルスがどういうものかもよく分かってなかった時期ならじっと我慢でOKだったのでしょうけど、これだけ長い期間何もせずにただじっと「我慢」してるって、ちょっと違うんじゃない?と思ってしまうわけです。

花ライン03

外出を控えよう、3密を避けよう、マスクをしよう、ソーシャルディスタンス(今はフィジカルディスタンスという方が正解かも)を保とう、その他いろいろ言われてるのは今だけじゃなく今後も気をつけていくべきことな訳でしょ?

政府や自治体は、医療崩壊を防ぐ目的で3密を避けるために自粛要請したから、崩壊の危険性が低くなれば要請は解除されるけど、企業や私達一般人は、この期間中違う目的で動かないといけなかったんじゃないか、と思っているの。

違う目的とは
自粛解除しても感染が広がらない新しい働き方・生活の仕方を創り出し、習慣づける
ということ。

例えば、飲食店だったら、テイクアウトや配達も始めるとか、店内を3密にならないように改造するとか、全く別の仕事を始めるとか(マスク作ってますってところ増えたよね)、人手不足の業種(配送とか農作業とか)に店員を応援に向かわせるとか、いろいろ考えて解除後に向けて準備する。

例えば、私達だったら、外出の時には必ずマスクをするとか、外から帰ったら手や顔を洗って(眼鏡をかけてる人は眼鏡も洗って)、外から持ち込んだものは消毒するとか、テレワークがあるなら部屋に仕事をするスペースを確保するための仕切りを作るとか、今まで外でしていた活動の代わりに家でできることを見つけるとか、いろいろ考えて、それがストレスなくできるように習慣づける。

そういうことを、この1,2か月の間に準備して、それができるようになったら「自粛解除」なんだと思うの。子供に「ちゃんとご挨拶ができるようになったら一人でお出かけしていいよ」と言ったりするのに似てるな。

だからさ、「我慢」という言葉を使ってる人は、まだ自粛解除できる心構えにないんじゃないかな。
我慢:辛い事を耐え忍んでいる=無理してる、習慣付いてないってことでしょう?
日本にいる多くの人は、おそらく酔っ払って帰っても玄関で靴を脱いで上がるだろうし、朝起きたら寝ぼけまなこで歯磨きをすると思うんです。それってあんまり我慢とか無理とかしてないよね。
そういう風に、「新しい生活様式」とかも習慣づけていけば、我慢しなくて良くなると思う。
日本の生活様式って、もともと新しい生活様式に近いものがあると思うから、そう難しくはないんじゃないかなあ。

花ライン03

今日「ニューノーマル」という言葉を初めて知りました。
元はリーマン・ショック後に生まれた言葉だそうですが、今回も新型コロナウイルスと共存する新しい日常という意味で使われているみたいです。

ああ、そうか。
「ニュータイプ」と「オールドタイプ」に二分されつつあるんだ。
(ガンダム世代です(^^ゞ)
「じっと我慢してやり過ごせばいつか元に戻る」と思っちゃうのがオールドタイプ。
「もう元には戻らない。だったらどうするか」と模索するのがニュータイプ、なんだな。

自粛解除しても新型コロナウイルスは消えてなくなっているわけじゃない。
我慢なんてしなくても、普通にさらっと感染予防対策ができている、そんな日常を目指したいです。

花ライン03

顔を洗うとき一緒に眼鏡も洗うので
メガネソープというのを使っていてとてもいいんだけど
今調べたらもう生産されてないのかな?
似たようなのを見つけたので置いておこう。
メガネは飛沫がつきやすいので、こんなので傷がつかないように洗うといいです。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソフト99 メガネのシャンプー 除菌EX 無香料 200ML
価格:361円(税別、送料別)(2020/6/24時点)








アベノマスク来ました~


アベノマスクうちにも来ました!
総理がいつも着けてるのと同じ、四角いのでした。
これなら作り替えができる。
わーい。\(^O^)/

mask_20200519.jpg


つけてみたら、ちょうど鼻から顎まで覆う大きさでした。
プリーツタイプを着け慣れてるので、顎の下に引っかかりがないのが
ちょっと心許ない感じもする。

まだほどいてはいないけど、重なった布の間から覗くと
切りっ放しのガーゼを畳んで脇だけ縫っていることが分かります。
うまいこと蛇腹に折ってるみたいで、多分14枚重ねになってる。すごい。

厚みがあると肌触りは良いので、このまま使っても良いかなと思ったんですが
一度洗ったら、しっかり重ねてある分ちょっと乾き辛かった。
もう少し重なりを薄く、もう一回り大きく作り直してみようと思います。



以前セールで安く購入したミシン。
直線縫いとジグザグ縫いしかできないおもちゃみたいなミシンだけど、
本体が2.2kgなので、片手でどこへでも持ち運べる。
めっちゃ役に立ってます。 (*⌒▽⌒*)
ライトがついてないので、100円ショップでLEDスタンドを買ってきて手元を照らしてます。
   







外出時の新しい習慣


もともとインドア派なので、外出自粛と言われてもあまり生活に変化はないのですが
買い物などで外出する際、ウイルスを持ち込まないためにすることが少し増えました。
だいぶルーティンが決まってきたので書いてみます。

花ライン03

★外出前の準備★

玄関入ってすぐのところにミニタオルを置き、
洗面所にはミニタオルが浸かるくらいの石けん水を入れた容器を準備します。

手作りの布マスクをして、行ってきま~す。

桜ライン

★帰ったら★

まず玄関に置いてあったミニタオルを持ちます。
電灯のスイッチやドアノブは直接触らず、タオル越しに触るようにして洗面所まで行きます。

洗面所で、石けん水を入れた容器にミニタオルを投入し、手は石けんできれいに洗います。
マスクも外して容器に浸し、泡立てた石けんで顔を洗って、その後うがいもします。
ウイルスは石けん水で不活化するので、10分ぐらい漬けておきます。

買ったものはすべてカウンターに乗せ、アルコール消毒液を吹き付けたキッチンペーパーで外側を拭きます。包装が外せるものや箱に入っているものの場合は、中を取り出し外側は捨ててから冷蔵庫などにしまいます。

郵便受けに入っていたチラシなどは軽くアイロンを当てます。
ウイルスは70度以上の熱に弱いそうです。
アイロンは低温でも80度~120度なのでOKです。
インクがつくことがあるので上下に当て布ならぬ当て紙をします。

石けん水につけたミニタオルとマスクを押し洗いし、すすいで干します。
乾いたマスクがかかっていればアイロンをかけてから片付けます。
これで一応完了です。

花ライン03

書いてみると結構いろいろしてるなあ。
でも健康な生活のためと思ってやっています。
頑張るのでなく、何でもないこと・習慣になるように、一つずつ丁寧に。
(*^-^*)






| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム | 次ページ

▲TOPへ