Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ >> 2014年02月に投稿されたエントリー一覧

小さい春、見つけた♪




だいぶ暖かくなりましたね。

買い物に行くにも、行きはちょっと寒いかなと手袋しても
帰りには暖かくてもう外しちゃう。

ショーウィンドウのお洋服も薄くなってきて
春色のストールなんか手にしたくなります。

私も、お花に負けずに
春支度、しなきゃね。(^○^)






↓今回のお話が気に入ったらぽちっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村











スポンサーサイト



関連記事

バレンタインのチョコレートを買ったよ:2014年2月14日


絵日記20140214


近くのスーパーにバレンタインデーの特設会場ができてて、
いろいろ楽しいチョコがあったのでつい2個も買ってしまった(^^ゞ
まあ、結局は旦那と二人で食べるから
自分の好きなのを好きなだけ買えばいいやと思って…ヾ(´▽`;)ゝ

職場でも大抵もらってくるんで
それに紛れないように一番に渡そうとしたのですが
ベッドに負けてしまいました。あはは。

その日帰ってからもう一回ちゃんと受け取ってもらって
二人で少しずつ食べました。
良かった良かった。




↓今回のお話が気に入ったらぽちっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村




次はホワイトデーの特設会場をまわってみようかな~(ё_ё)うふふ。


関連記事

新しい掃除機を買いました!


先日掃除機を掛けていたら
「ぶぁっくしゅんっ!くしゃん!くしゅん!ぷしゅっ!」
…くしゃみが止まらなくなってしまいました。
(その時の絵日記はこちらを参照下さいませ(^^ゞ)

原因は多分、結婚前から使っている古い掃除機。
なんと、NEC製です。
へぇ、NECってPCだけじゃなくて家電も作ってたのね。

かなりハードに使ってるつもりですが
ちゃんと動くし、ホースや付属品をケースに入れて
本体でふたをする形になっているのが
コンパクトで収納しやすいんです。
昔の掃除機って大抵ケース付きでしたよね。

健康のためにも、多分節電のためにも
新しい掃除機に買い換えた方が良さそうだと思って
いろいろ比較検討してみました。

充電タイプの軽いのは集塵力が低くてクリップなんかは吸わないらしい。
ルンバとかココロボとかも欲しいけど、
通れるまでには部屋は片付いてないし、
ダイソンの棒みたいなのは、スイッチを押した時しか動かないらしい。
自立するスマートなのは集塵部分が引っかかって
家具の下に潜り込ませられない。

どの機種も一長一短だったんですが
比較サイトなどで割と上位にランクしていて
値段も若干安めのこれ↓に決めて買いました。


三菱電機 紙パック式クリーナー メタリックブルー TC-FXC8P-A

(ピンクもあります↓)

三菱電機 紙パック式クリーナー メタリックピンク TC-FXC8P-P

決め手は、軽いこと!
殆どの掃除機がホースも入れると4kg以上するのに対し
これはホース・ヘッド込みで3.9kg。
しかも大きな取っ手が前についてて持ちやすい。
もう、引きずらないで持ったまま掃除してもいいくらい。
もう一社、ダイソンにも軽いのがありますが、こちらは値段が倍以上(^^ゞ

最近の掃除機はサイクロンタイプと紙パックタイプがあって、
どちらがいいかは好みによると思いますが
同じシリーズでも紙パックタイプの方がほんの少し安い。
ヾ(´▽`;)ゝ
あと、ゴミが溜まった時のメンテナンスが、紙パックの方が簡単。
というわけで、紙パックタイプの方を選びました。

ネットでは、持った感じとか自走式ヘッドの感触とか
収納時のかさばり具合とか、そういうのが分からないので
実際に店舗で触って動かしてみました。
スイッチを入れた途端に自分です~っと前に動いていくので
もうそれだけで楽しくなってしまう。



店員さんにもいろいろ尋ねて、コンパクトな収納の仕方まで
教えてもらいました。
本来の収納の仕方は縦長でちょっとかさばるのです。
でも、本体とホースを外して収納すると
せっかく吸い込んだ埃が出てしまう可能性があるので
ホースとパイプ(堅い棒状の部分)のつなぎ目で外すといいそうです。
ホースを本体にぐるぐる巻き付け、パイプを添えて収納すると
かなりコンパクトになりました。

ネットでもあちこちに書かれていましたが
スイッチの場所が少し持ち手から離れていてちょっと使い辛いです。
また、スイッチを入れたらまず「強」それから「弱」と
なるので、音の大きい「強」から始まるのがちょっとうるさいかな。
でも「弱」にすればそんなにうるさくないのでOKです。

これでお掃除が楽しくなりそうです。
片付けの本に確か
「まず、いい掃除機を買って、一番いい場所に置きましょう」
とあったので、これからお部屋がどんどん綺麗になるかも?!



↓今回のお話が気に入ったらぽちっとお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

~~ 参考にして下さいね ~~

三菱電機 紙パック式クリーナー メタリックブルー TC-FXC8P-A


三菱電機 紙パック式クリーナー メタリックピンク TC-FXC8P-P

サイクロンタイプがいい方はこちらをどうぞ↓

三菱電機 サイクロンクリーナー シャンパンゴールド TC-EXC10P-N
関連記事

カフェインレスコーヒー体験&失敗の巻




カフェインレスコーヒーを就寝前に飲んでも
カフェインレスなのでぐっすり眠れたのは良かったんですが
もともと私コーヒー党なので、カフェインが効いた状態でしっかり眠れる人な訳で…。

寝過ぎて寝坊しました。(^^ゞ
まあ、BJはぎりぎり仕事に間に合ったから良しとしよう。わはは。

今度からカフェインレスコーヒーは休日前の夜に飲むようにしないとね。
私には睡眠薬代わりだわ。
でもすごく味が濃くておいしかったのよ。(^○^)
関連記事

こんなダイエット法が私には合っていました


仕事をしていた頃は、「食べなければ体が持たない」と結構たくさん食べて、それでもそう太らずに済んでいました。でも、仕事を辞めてから運動量が減ったのに気にせずそれまで通り食べていたらあっという間に体が重たくなってお腹がぽこっと出てきてしまってびっくり。なんとかしなきゃ!と思った時、ちょうどテレビに出ていたのがゲッタマン。

テレビに出ていた肩胛骨の体操を見よう見まねでやってみたら、簡単なのに気持ちいい。それで、気がついた時にちょっとするようにしたら、姿勢が良くなって、少しずつ代謝量が上がったようです。体が温まって、軽くなった感じでした。10日くらいで体重計の目盛りも少し戻って嬉しかったです。(どのくらいかは内緒(^^ゞ)

゜'・:*:.♪゜'・:*:.★.:*:'゜♪.:*:'゜

さて、運動だけしても食事がそれまで通りではまた余分なカロリーが溜まってしまいます。私の場合(というか、大抵の方はきっと)、必要以上にカロリーを摂取していることが問題なので、少なく食べることが我慢でなく、当たり前になればと思っていました。

つまり、必要量食べているにもかかわらず「まだ食べたい」「まだお腹に入る」という状態だから食べてしまって太るわけで、この状態で食べる量を減らしたら、食べたいのを我慢しなければなりませんよね。そうでなくて、必要以上に食べたら「お腹いっぱい!もう食べられない」となればいいわけです。

この時参考にしたのが下の本です。この本では「2割減らす」になっていますが、私は「旦那の半分になるようによそう」を目標にしました。

2割減というと目分量で分かりづらいし、食べたい時にはどうしても甘くなって1割減くらいになってしまいます。それに、減らしたものの量が少なすぎて、捨てるか、次の食事がその分増えてしまうかしてしまう。前者はもったいないし、後者は元の木阿弥です。それで、半分残して、残したのをそのまま翌日のお昼ご飯にしました。これなら、ちょうど1食分が残ることになるし、翌日お昼ご飯を作らなくていいし(お昼、一人分だけ準備するってけっこう面倒ですよね(^^ゞ)一石二鳥になりました。

始めのうちは食べ終わっても物足りない、もう少し食べたいと思っていました。それで、夕食の片付けを終えたらおやつを食べていい事にしていました。これで、一度に食べる量は増えずに済みます。おやつはケーキ1個だったり果物を切って一皿食べたりと、結構食べたと思いますが、そう影響しませんでした。

これを始めてから1年くらい経つかな。既に仕事をしていた時よりも体重は減っていますし、今はかなり少ない量でお腹が一杯になるので、食べ放題のレストランに行っても大丈夫です。

Amazon▽

楽天ブックス▽
【送料無料】手抜きダイエット
[ 山下カヨコ ]


その他、池田暁子さんの本や剣持まよさんの本も参考になりました。基本は食事と運動。ですがそれも、自分ができる範囲ですることが大切だし、根拠のないダイエット法は意味がないですよね。また、最終的な目標は、自分が自分の力で(サプリメントや機械に頼らずに)健康に過ごすことだということを忘れてはいけないなと思いました。

Amazon▽

楽天ブックス▽
【送料無料】「あと5キロ」をやっつけろ!!
池田のダイエット大作戦 [ 池田暁子 ]


Amazon▽


楽天ブックス▽
【送料無料】続かない女のための続ける技術 [ けんもちまよ ]

皆さんもぜひ、リバウンドのない確実なダイエットをして下さいね!
関連記事

| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム | 次ページ

▲TOPへ