Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ >> 2016年10月に投稿されたエントリー一覧

スキミング防止シートを100円で自作してみた


電子マネーを使う最近楽天edyを使うようになったので、コンビニなんかでシャリ~ン♪とすごく便利なんですが。

以前「電車などでスキミングの機械入りポーチを近づけられたりしただけでスキミングされてしまう可能性がある」というのをテレビの特集で見て、怖いなあと思っていました。

それで、スキミング防止機能が付いたカードケースを使っていたのですが、かなり古くなったので、代わりのケースをネットで探していたんです。
すると、「カードをアルミホイルでくるんでしまえば認識されない」という記事がたくさん見つかったんですよ。

 (ノ゚ο゚)ノ 目から鱗!

それって簡単だし安上がりですよね。
でも見かけと使い勝手がイマイチかな。

それなら、ある程度張りのあるアルミシートを、カードを入れる財布の端に挟んだらいいのでは?と考えました。


ボタンライン


100円ショップで、しわにならずハサミで切れるくらいの厚みの、加工しやすいアルミシートを探したら、キッチンのレンジマットがちょうど良さそうだったので買ってきました。
(ホイル折り紙など、キラキラしてても材質のところに「アルミ」と表示されてない場合もあるので注意です。)

購入したキッチン用シート


表は可愛いミッキー&キッチングッズ柄ですが、裏はシンプルなアルミシートです。
お好きな面をどうぞ。

シート裏面


財布の一番外側にぎりぎり入る大きさに2枚カットします。

財布に合わせて切る

お気に入りの財布は一番外側にポケットがあるので、そこに差し込みます。
ここに入れることで、内側のカード入れに差し込んだカードはスキミングから守られます。
矢印の所と、反対側にも入れて財布全体を挟むようにしました。

財布にセット

逆に、アルミシートの外側にカードを入れておくと、そのカードだけ認識されるそうです。
交通系のカードだけ外側に入れておけば、改札で財布のままタッチすることができますし、財布の表と裏でカードを使い分けることも可能だと思います。

こういう使い方をする場合は、スキミング防止にはバッグの方にアルミシートをセットする必要があるかも。
まあ今回買ったシートは50cm×90cmくらいなのでバッグサイズも大丈夫ですが。

アルミシートなら何でもいいはずなので、見かけを気にしないなら、保冷バッグでも多分OK。
あはは。(^o^;

※この方法で防止できるのは非接触式のスキミングだけですし、私自身が実験したわけではありませんので万全とはいえません。また、レジで手渡す時に目を離さないとか、マグネットを近づけないとか、別のスキミングやデータ破壊に対する対策は必要です。自己責任にてご利用下さいませ。

これでedyも安心してチャージできます。
いっぱい使おうっと。
チャージでも楽天ポイントが付くので、お得ですよ~♪


ボタンライン



スポンサーサイト



関連記事

| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ