Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ >> 2017年09月に投稿されたエントリー一覧

保険や年金のデメリットについて考えた話。


しばらくブログを放っていました。
何だか忙しい夏だったなあ。
涼しくなってきたので、またブログ再開できたらと思います。

先日、保険の更新をした時に
外交員さんと介護保険について話をしました。
今から月5000円ぐらいずつかけておくと、
もし要介護2以上になった場合は
月3万円ぐらいがずっと年金として支払われるんだそうです。

でもね、
要介護2って、杖や歩行器があっても歩くのが大変というレベルで。
立ったり座ったりも介助が必要なくらい。
そういう状態だと、それまで出来ていた好きな事や
お金を掛けていたいろんな事が出来なくなる。
おそらく、その時に欲しいのは月3万の上乗せではなくて、
それを使える健康な体なんだな。
「元気なうちにこのお金でいろいろしておけば良かった」って思うかもしれない。
また、要介護1だとその3万円はもらえないので、そうなっても微妙。

だとすると、まず今、自分が元気なうちに
自由に使える月3万円が確保できるのがいいんじゃないかなと思ったんです。
「要介護2じゃないともらえないお金」を用意するのではなくて
「何にでも使える自分のお小遣い」をゲットする。
その時に一番使いたいことにそのお金を使う。
好きなものを買ってもいいし、旅行に行くのに積み立ててもいいし、
おいしいものをみんなで食べるのに使ってもいい。
その選択肢が
「今月のお小遣いは将来介護が必要になった時のためにとっておく」でもいいと思う。
本当に「要介護」になったら、その時は多分
旅行なんて行ってられないと思うから、お小遣いは全部介護に使えばいい。

だって要介護になるかどうか、それ以前にそこまで生きているかどうかも
可能性の話であって、絶対じゃないでしょう?
最近、年金を自分で貯めるのも流行っているみたいですが、
それにしたって、10年20年先の話を今から考えているだけで、
その時になるまで自分では自由に使えないし、
その年齢まで生きているという確証はないんですよね。

台風18号では、日本列島のあちこちで浸水したり壊れたりと
大変な被害でしたが、もし自分がそういう被害にあって
すぐにまとまったお金が必要となった時、
保険や年金はすぐ使えない。
解約するにしてもかなり目減りしてしまいますよね。

「今、どんな状況であっても、自分で思うように使えるお金」というのを
しっかり手にする(貯める)のが大事なんじゃないかなと思いました。
それって難しいけど、「今を生きる」って事と共通するような気がします。

だから、まず、今使えるお金を作る。
そのお金をどう使うか、一番良いと思う使い方を「今の自分」が決める。
使い方の中に「未来の年金にする」という選択肢があってもいい。
そんな使い方だったら、後悔しないんじゃないかな。

他に掛けている保険についても、実際に掛け続けている総額と
保証内容についてもう一度よく見直してみようと思います。


似ていると思ったことわざやお話:
「親孝行、したい時には親はなし」
「賢者の贈り物」(恋人がお互いに時計の鎖と髪飾りを買って贈り合った話)
「若い時には金がない、金ができたら暇がない、暇ができたら体力がない」






スポンサーサイト



関連記事

| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ