Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ >> 2018年10月に投稿されたエントリー一覧

2019年の手帳はこれに決めました


2017年の手帳はほぼ日カズンavec、2018年はjiyu-style u-lineを使いました。

2019年もjiyu-style u-lineでと思ったのですが、よく考えると私が欲しいのはウィークリーのバーチカル部分だけで、一日一ページの部分は普通のノートに日記を書けばいいんじゃないかと思うようになりました。
家にずっといるので、一冊にまとまっている必要もないんですよね。
それで2019年はウィークリーと日記帳の2冊使いにすることにしました。

今回はウィークリーについてお話しします。
外には持って出ないので、ノートタイプを選んでみました。
なかなか一つに絞れなくて結局4冊試し買いしました。
最終的に無印良品にしたのですが、4冊をじっくり比べてみると面白かったので載せてみます。

hyoushi.jpg

左から、レイメイ藤井(578円)、無印良品(1090円)、ナカバヤシ(810円)、コクヨ(918円)です。
( )内は私が購入した時の値段です。
通販も使ったので送料がかかったものもありますし、お店によっても違いがあるかもしれません。

少しずつフォーマットが違って、それぞれに良さがあります。
例えば年間スケジュールはこんな感じです。
nenkan.jpg

レイメイ藤井の年間スケジュールは2020年の3月までありました。そのため幅が17 mm になっています。他の3冊は約22 mm です。
無印良品のだけは六曜がありませんが、これはマンスリーが別についていて、そちらに表示されているためです。
フォントや印刷の濃さなども、好みが分かれる所だと思います。

レイメイ(左)と無印良品(右)のウィークリーページです。
reimeiandmuji.jpg
どちらも左端が空いていて、その週の目標やToDoを書くのに都合がいいです。
無印は日付の上に少しスペースがありますが、ここに自分以外の人の予定や、近くで行われる渋滞の起きそうなイベントなどを書いておくと便利です。
時間軸はレイメイが6時~22時(24時間表記)、無印良品は8時~9時(12時間表記)です。

ナカバヤシ(左)とコクヨ(右)のウィークリーページです。
nakabayashiandkokuyo.jpg
ナカバヤシは日曜始まりと気付かず買ってしまったのですが、日曜の日付を消してこの部分を目標などを書く欄にすれば良さそうです。日曜は土曜の後ろの余白に書き込む、と。
一番下に来週の日付があるので、面白い使い方ができそうです。
コクヨは月曜始まりですが、左端から始まっているので私にはかえって使いづらい気がします。
時間軸はナカバヤシが5時~24時、コクヨが6時~22時です。

ちなみに、日付のある期間は
 レイメイ:2018年11月26日~2020年4月5日
 無印:マンスリーが2018年12月~2020年1月
    ウィークリーが2018年11月26日~2020年2月2日
 ナカバヤシ:2018年12月30日~2020年1月4日
 コクヨ:2018年12月31日~2020年1月5日

レイメイは再来年の3月までカバーしていて、4月始まりの人も使えるのがいいですね。
マンスリーが付いているのは無印だけでした。
無印には末尾にメモページが20ページと、しっかりした透明カバーもついています。

ナカバヤシの罫線部分をアップにしてみました。
keisen.jpg

ナカバヤシだけは罫線が特殊で、6mm弱の横罫に、方眼になるように点線の縦罫が入っていて、横罫はさらに点線の横罫で3分割されています。
すごく小さい文字を書くとか、20分ごとに分割して使うといった面白い使い方ができると思います。

色々考えて、結局、無印良品のスケジュール帳を使うことに決めました。
残りの3冊は、無駄にならないように使い方をまた考えたいと思います。
献立の記録を取ってみてもいいかもしれない。
お料理上手になるかも。(-^〇^-)

日記帳の方もいろいろ見て回って決めました。
それはまた次回に。








スポンサーサイト



関連記事

| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ