炊飯器でパンを焼いてみたよ!&パン焼きの小技(かも)


え~っと、単なる実験だったので写真も撮ってないんですが。

ネットでパンの作り方を検索してたら、「炊飯器でパンを焼く」というのがあって、できるかどうか分からないけどまあ試しに一度やってみようと思ったわけで。

普通なら
1.材料を混ぜる
2.生地を捏ねる
3.1次発酵
4.分割・ベンチタイム
5.成形・2次発酵
6.焼く

となるのですが、この3番以降を炊飯器でやってしまおうということのようでした。

そのためには、炊飯器の「保温」が単独で使えなければならないのですが、うちの炊飯器は古いからか何なのか、保温ボタンだけ押しても何の反応もない。炊飯してから切れた後なら保温になるし、一度切ってもまたボタンを押して再開できるんですけどね。

とにかく、3~5を炊飯器でするのは無理そう(できてもかなり面倒そう)なので、ここはいつも通りオーブンに任せて、6だけ炊飯器でやってみました。


この前たくさん撮った花の写真。まだあるよ~。

ネットでは生地を丸いまま全部入れていたんですが、取り出した後に切り分けるのが面倒かもと思ったので、ちぎれるようにゴルフボールくらいに分割して丸くした生地を軽く並べ入れました。

そして「炊飯」ボタンをぽちっ。



押してから気がついた。
この炊飯器、ご飯炊くのに30分くらいかかるんだった。(O.O;)

オーブンなら大体210度10分で焼ける量なのに…。
めちゃめちゃ時間かかっちゃうじゃん…。

オーブンを使わずに発酵から最後まで炊飯器一つでできるなら、少しぐらい時間がかかってもいいでしょうけど、オーブンは使うわ時間かかるわ…じゃダメじゃん。

…などと反省していたら何とか焼き上がったようでスイッチが切れました。
蓋を開けてみたら白っぽいけどふんわりといい感じに焼き上がっています。
内釜を出して、まな板の上にひっくり返してパンを取り出してみました。








かめ?

それとも、サッカーボール?


写真撮っとけば良かったよ~。
と~ってもいい焼き色のかめが、いやパンが出来上がりました。

端からちぎりちぎりして分けましたけど、一つ一つ全部形が違う~。
お皿に乗せにくいったらありゃしない。
でも、今までで一番しっとりして美味しい焼き上がりでした。
炊飯器で蓋を閉めたまま圧力をかけて焼くので、水分が飛ばずに仕上がったんでしょうね。

しかし。

もう炊飯器は使わないぞ。

…う~ん。

あと1回くらいなら作ってもいいかな(^^ゞ ←優柔不断



今回カテゴリを「楽しい暮らしTips」にしたのは、炊飯器だからじゃなくて。
調べたサイトに、不思議なことが書いてあったんです。
「生地を捏ねる前に10分くらい放置すると捏ね上がりが早い」
やってみたら、本当に簡単!
今までは捏ねる間に手が痛くなっていたのに、放置してから捏ねるとほんの2~3分でしっかりまとまってくれます。これは楽~。

何度もやってないのでもしかしたら偶然かもしれませんが、このやり方はまた次回も取り入れたいと思っています。一番楽なのはフードプロセッサーでしょうけど、あれはあれで準備と後片付けが大変だもの。

またパン焼くぞ~!
楽しくなっちゃいました。(⌒^⌒)bうふっ



よかったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ