氷出し茶で免疫力を上げて元気になろう!


以前、NHKの「ためしてガッテン」(今は「ガッテン!」)で紹介された方法です。
そろそろ冷たい飲み物をがぶ飲みしたくなる季節なんで、この氷出し茶がぴったりだと思います。

作り方は簡単。急須にお茶の葉を普通より少し多めに入れて、そこに氷水を入れて5分待つ。 終わり。
2煎目は氷水を入れてすぐ(5秒くらいで)できます。

お茶イラスト 

これが「昆布茶じゃないよねぇ」と思ってしまうくらい、甘いのだ。不思議。
(深蒸し茶の茶葉は氷水で入れても苦くなるらしいので注意)
エピガロカテキンというのが出てきて、それがマクロファージを活発化させて免疫力を上げるのだそうです。 
カテキンはこの時点では出ていないので、氷水でお茶が出なくなったら普通に熱湯を入れればカテキンが出てくるとか。 
これでカテキンも摂取できるんですね。すごい。 


ライン蔦ライン蔦ライン蔦


お茶パックにお茶の葉を入れてピッチャーなどに入れ、氷水を入れて、冷蔵庫に入れておくといつでも飲めますね。
その時は、30分位でお茶パックを出すようにしないと、カテキンやカフェインが出てきて渋くなるそうです。

これで、麦茶をわざわざ買って暑い中麦茶を沸かさなくても、冷たくておいしいお茶が飲めて、しかも免疫力も上がります。
ちなみに、私は麦茶はホットが好きです。
ノンカフェインなので、冬の寒い日には麦茶を急須で濃いめに入れて、コーヒー代わりにゴクゴク飲んでいます。これもおいしいよん。





関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ