ごみの日は付箋に書いて忘れてしまいます


この辺りの燃えるごみの日は週2回です。
その日の夜までに出せば、夜中に回収していただけるので本当にありがたいです。

でも、燃えないごみ、ペットボトルなどの資源ごみはそれぞれ月1回なので、忙しさにかまけてうっかり忘れたりすると、納戸の隅に一か月放置することになって、なかなかヤバイ。(^^ゞ

それで、忘れないように手帳にメモします。
この時、付箋に書いて貼るようにしてから、ごみの日を忘れなくなりました。


ラインハート3 


例えば、燃えないごみの収集が毎月第1水曜日だったとします。
付箋に、[燃えないごみを出す 第1水曜]と書いて、今回なら手帳の3月7日のところに貼ります。

毎朝、手帳を見てその日の仕事を確認する時間を取っています。
3月7日の朝は手帳を見ると、[燃えないごみを出す 第1水曜]と書いた付箋が貼ってあるので、それを見て、その日にごみ出しをします。

済んだら、その付箋を、次の第1水曜(4月4日)に貼り直します。
これで、3月7日のごみ出しの仕事はきちんと終えることができて、4月4日の朝に手帳を見るまでごみ出しのことは忘れていられるのです。


ラインハート3


付箋に「第1水曜」まで書くのは、次回どこに貼り付ければいいかすぐ分かるようにするためです。
自分の記憶力にあまり自信がないのでσ(^◇^;)

あと、燃えるごみの日は週に2回あるので、一週間を見渡した時に仕事量が分かるように付箋も2枚作っています。それぞれ[燃えるごみを出す 月曜][燃えるごみを出す 木曜]のように書いています。

元になっているのは、付箋を使う「あな吉さんの手帳術」ですが、付箋に曜日や日付を書いて次回に移動させるやり方にしたことで、ルーティンワークがとても楽にこなせるようになりました。

補足:このやり方だと一枚の付箋を永遠に使い続けてしまうので、手帳を新しくする時など、折を見て付箋も新しいものにするといいですね。
あ、その日も付箋に書いて貼ったりして。
[付箋を新しいものに取り替える 4月1日]なんてね。
(*≧∪≦)






関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ