特別な日しか売られていない特別の梅ヶ枝餅をご存知ですか?


太宰府天満宮の参道のお店で売られている有名な梅ヶ枝餅ですが。
ある特定の日に行くと、日頃は売られていない特別な梅ヶ枝餅を買うことができます。

太宰府天満宮の菅原道真公、お誕生日が6月25日で、命日が3月25日なんだそうです。
それで、毎月25日は多くのお店でよもぎ入りの梅ヶ枝餅を販売するそうです。 

なかなか25日に行く機会がなかったのですが、2月と3月はどちらも25日が日曜日で、しかも2月は梅の時期なので、これは行くっきゃない!と2月の25日に行きました。 
でも、ここのところ寒さが厳しくて、梅の方はほぼつぼみ状態。
境内の飛び梅だけはけっこう咲いていましたけど、寒くてのんびり見る気にもならず。
(×_×;)

よもぎ梅ヶ枝餅だけはしっかり食べて帰りました。
写真は今回お邪魔した「かさの家」の抹茶セットです。 

太宰府のよもぎ梅ヶ枝餅

25日に行くと、「よもぎと白とどちらにしますか」と尋ねられますよ。
どっちもおいしい(^○^) 

お店によって餡の味とか、お餅の焼き方などに少しずつ違いがあるので、ハシゴしても面白いかもしれません。

あと、17日は古代米の梅ヶ枝餅だそうです。
黒米を使っていて、紫色らしいのでそれも食べてみたい。
梅がしっかり咲いた頃、リベンジでもう一回行きたいなあ。




関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ