貯蓄と投資は分けて考えるべきと思う


ニュースで老後の生活資金などについて話題になってますが。

お金を「貯める」ことと「増やす」ことは別だと思うの。
なんか最近の風潮で「貯蓄より投資を」みたいになってるけど、そもそも貯蓄と投資は比較対象ではないでしょ。
だから、貯蓄の習慣のない人が、無理して捻出したお金で投資して失敗したりしている。

投資は、既にあるお金を増やすための手段であって、お金を貯める手段ではないんですよね。
投資信託とか、株とか、iDeCoとかNISAとかっていうのは、「お金を貯める習慣ができている人」がそのお金を増やすためにするものだと思うんですよ。

お金を貯めるには、お金を使わないで確保しておくことが必要になってきます。
そこをすっ飛ばして、投資だなんだと言ってるから、おかしなことになると思う。

「貯める習慣」
つまり、生活費とは別にお金を確保する習慣。
それだけできてれば、多いか少ないかは別にして、とりあえずお金は貯まる。
単純に、お給料から毎月少しだけ選り分けて別の封筒などに入れる習慣をつけるだけです。
月1万円なら1年で12万円貯まりますよね。

ほんの少しだけでいいんです。1000円だけでも。
どうしても無理とか、使っちゃうって人は、給料から天引きにするのがいいって言いますね。
自分のやりやすい方法でいいと思います。

私の場合は専業主婦なので、月の初めに生活費と分けて封筒に入れ、
封筒の表に「○月○日 +10000円(○月分の積み立て)=50000円」などと書いておきます。
「=50000円」は今封筒に入っている金額です。
いくら入っているかが分かるようにしておくと、私の場合、そこから取り出すのが惜しくなるという効果があります。(*´∀`*)

月によって貯められる金額が変わることがあるので、封筒はその辺の融通が利いて便利です。
あと、どうしてもお金が必要な時(急な冠婚葬祭など)にも、
「○月○日 -20000円(○○ちゃんへの結婚祝金)=30000円」
と書いておきます。
まあ大抵の急な出費は特別会計から出しますが。

やりくりが上手になったら、積み立てに回せる金額も増えてくると思うので、少しずつ増やしていくのもいいと思います。
毎月1万円を封筒に入れていくことにして、1年で12万円。
翌年は毎月2万円ずつにすれば、2年で36万円。
その次は3万円にして、3年目には72万円になります。
始めから毎月2万円でも3年で72万円になるので、自分がやりやすい方をその都度選んでいけばいいと思います。

そうやって「生活費とは別にお金を確保する」という習慣ができている人が、そのお金をどう増やしていくか考えて、投資をするわけでしょ。

今話題になっている話も、「月に数万円くらい足りなくなるかもしれないから確保しておきましょう」ということなので、若いうちに月に数万円くらい取り分けておいて、それを将来使うと考えれば無理に投資を考えなくてもいいんじゃないかな。

毎月、封筒に取り置くのが結構楽しみになっていますよ。
少しずつ「積み立て」られているのが嬉しいです。












関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ