断捨離もどきで発見!いろいろ


台風は直撃はしませんでしたが、いつ雨や突風・雷があるかわからないので、数日間外出は控えて、家の中のことでしばらく手をつけてなかったことをやってみました。

「断捨離」というと、どうしても捨てることを考えたり、総量規制することを考えたりしてしまうけど、それは今回しないつもりだし、本類を全部出してしまう訳ではないので「こんまり式片付け」ともちょっと違う。それで、タイトルでは「断捨離もどき」と書いています。

強いて言えば「見直し」かな。

一度目を通して「これはときめく」と残した本を棚の一角に並べているのですが、どうもそこの空気が最近澱んでいるような気がして。もう一度見てみようと思ったのです。



棚の中の本を全部出します。
以前だったら全部ときめいたものばかりなんですが、
一冊一冊手にとって中まで目を通してみると、おや?何か違う。
本の醸し出す雰囲気、色が違う。
情報の浮き出方もそれまでとちょっと違うんです。
実際やってみてびっくりでした。

以前ときめいていた本は、手に取って中をぱらぱらっと見ると、そこに書いてあることがまるで著者が自分に向かって喋っているように感じて、ページのあちこちが明るく輝いて、「うっかり読んでしまうから気をつけないと」と思うくらい引き込まれそうになっていました。

ところが、同じ本なのに、ぱらぱらめくっても言葉が自分に響いてこない。ちょっと色あせた感じのページや、いくら読んでも頭に入ってこない冷たい色をまとったページ、逆に私の思いに合わず、反発したくなるようなページが増えている本があったのです。

でも変わったのは、本ではなく私なんですよね。



以前棚にときめく本を入れた時には、私は仕事を辞めて間もない時で、自分の生活を立て直すのに一生懸命になっていました。だから、時間の管理の仕方や、頭から抜け落ちてしまう仕事をどうこなしていくかを分かりやすく書いた本がバイブルでした。

でも今は、専業主婦の生活のリズムがだんだん身についてきて、仕事を取りこぼすこともないし、一応の家事はルーティンワークに組み込まれてきました。
そして、自分の生活をより充実させたくなっている。やりたいと思っていたいろんなことを1つずつ実現していきたいと思っている。私、少しだけステップアップしているんだ~、と実感できました。

で、今の私に一番しっくり、ぴったり来たのが↓これです。


50歳前からのココカラ手帖 (Sanctuary books)


この本の著者のようには私は忙しくないけれど、
でも共感できるところや、お手本にしたいところがたくさん。
著者にアドバイスしている先生方も的確で、
自分の生活に置き換えて考えやすいというのもいいと思います。
私も絵を描く時にリラックスしてるのかな。
編み物してる時も結構楽しいかも。
そういう、自分が楽(らく)な活動を分かっておくってのも大事なんですね。

今回の断捨離もどき、本棚一段分を見ただけなんですが、
何と半分近くを断捨離することができました。
これは他の所も度々やらないとダメね~。(^^ゞ


あと、探してた物や欲しかった物も近くから出てきました。
まずは英語のCD。
テキストはあるのに付録のCDだけ別の所に置いていたのを見つけました。
これでまた英語の勉強が楽しくなるぞ~♪


英語は絶対、勉強するな! 超初級編 (CD付)
(私が持ってるのは初級編の方ですがそっちはもう販売してないみたいなので)


それと、集めてたUCCのコーヒークーポン。
出てきたのを貼ったら交換可能な点数になったので、早速郵送しました。
コーヒー豆420gが貰えます。
いつ来るかな~。楽しみ(^○^)

また今日も断捨離もどき、ガンバロ~(^o^)/





↓ランキングに参加してます。
1日1回ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございました。





関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ