折り紙の折り図発見!


断捨離もどきで、以前お話ししていた、くす玉の折り方メモが出てきました!
詳細は「昔々の作品が出てきました」をご覧下さい。

割と知られているタイプのくす玉の作り方が4種類と、
この前載せた√3折り紙のくす玉の作り方が5種類の、合計9種類。
あ、でも箱みたいなのもあるから、純粋に丸くなるのはほんの幾つかだと思いますが。

今回は一番簡単な、正方形折り紙6枚でできるもの2つを作ってみたので、
作り方と一緒にご紹介。
AとBがありますが、Aは立方体です。(^^ゞ

まずは↓のようにして同じパーツ(ユニットと呼びます)を6枚作ります。
make_unit.jpg

今回は立方体でいう向かい合う面が同じ色になるように、3色使って作ってみました。
CIMG4795.jpg

それぞれを↓のAかBのように折ります。
unit_ab.jpg

Aはもちろん立方体になります。
BはAと全く同じように組みますが、くす玉っぽくなります。
↓はBを折ったところです。
CIMG4796.jpg

6枚同じようにおります。
CIMG4797.jpg


色の配置を考えながら組みます。
組むにつれて難しくなってきます。
爪楊枝とかピンセットとか使うと良かったかも。
CIMG4798.jpg

完成~♪
CIMG4799.jpg

AとBの色の配置を同じにしたので、折り目が違うだけというのが分かるかなと思います。

久しぶりに作ったので6枚×2つでくたびれましたが、一番大きいのは90枚…!
最終的には挑戦しようと思っています。えへへ。
また別のが完成したら作り方と一緒にお知らせしますね~。
いつになるかはわかりませんが。σ(^◇^;)





↓ランキングに参加してます。
1日1回ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございました。





関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ