今度のユニット折り紙は√3折り紙を作るところからです


前回までは正方形の折り紙を折ってユニットを作ってきました。

前回まではこちら↓
序章:昔々の作品が出てきました
第1回:折り紙の折り図発見!
第2回:折り紙のユニットくす玉3個目です
第3回:ユニット折り紙第4弾:正方形ユニットを使ったラストです


今回からは、縦:横が1:√3になっている折り紙を折って
ユニットを作ることになります。
そんな折り紙は売っていませんので、正方形折り紙から切り出していきます。
1枚の正方形折り紙から、「1:√3折り紙」が2枚取れます。

今回は
「1:√3折り紙」の作り方
ユニットの折り方
正四面体の作り方
のご紹介です。


「1:√3折り紙」の作り方

1.正方形の折り紙を2つに折って真ん中に縦に折り目を作ります。

2.右下の角だけを中央の折り線に合うように折り上げます。
r3orikata01.jpg

3.下から折り上げた角の頂点までが√3に当たる長さなので、
それを目印にして横に折って折り目をつけます。
r3orikata02.jpg

4.折り目に沿って写真のように切ります。
上の細長いのは使いません。
下2枚はそれぞれ、横の長さを1として縦の長さが√3になっています。
これで「1:√3折り紙」が2枚できました。
たくさん作る時には、何枚か重ねてカッターで一度に切るか、
1枚折って長さを測り、2枚目からは印をつけて切るようにすると楽です。
r3orikata03.jpg


ユニットの折り方

1.「1:√3折り紙」1枚を横向きに置きました。
矢印で示してある真ん中の折り目を合わせるようにして折り上げます。
r3orikata04.jpg

2.こうなります。また開いて下さい。
r3orikata05.jpg

3.今できた折り目(青の点線)に右下の辺を合わせるように折ります。
本来、右中央の折り目と下中央の折り目を繋ぐ線で折るのですが
先に2のように折っておいた方が、補助線が入って折りやすいと思います。
r3orikata06.jpg

4.そのまま2で折ったように折り上げます。
3で折ったところを巻き込むようになります。
r3orikata07.jpg

5.上下をひっくり返します。
r3orikata08.jpg

6.同じように折り上げます。
黄色の矢印のところでそれぞれの折り目を合わせるのは同じですが、
今回は隣に補助線(青の点線)が入っているので、
2の時よりも折りやすいと思います。
r3orikata09.jpg

7.開いて下を折り上げます。
r3orikata10.jpg

8.巻き込むように折り上げます。
r3orikata11.jpg

9.裏返して、白い部分を谷折りに折り曲げます。
この部分は邪魔な気がしますが、組んだ時にストッパーの役目をして
外れにくくなるので、切ったり中に折り込んだりせず、
折り曲げるだけにしておいて下さい。
r3orikata12.jpg

10.これで「1:√3ユニット」の完成です。
正三角形4つでできているのが分かると思います。
正方形折り紙のユニットだと、面は直角二等辺三角形でした。
r3orikata13.jpg


正四面体の作り方

1.正4面体は、先程作ったユニット1枚と、逆に折り上げたユニット1枚で作ります。
先程とは左右対称の、左側を折り上げるユニットを1枚作りましょう。
r3reverse.jpg

2.それぞれのユニットは正三角形に山折りの折り目をつけます。
(あ、図を書くの忘れた。分かるよね(^^ゞ)
r3kumikata1.jpg

3.組み始めです。
r3kumikata2.jpg

4.できあがりました。
r3kansei1.jpg

5.ちょっと方向を変えてみてみました。(^・^)
r3kansei2.jpg

逆ユニットを使うのは確かこれだけだったと思います。
これもだんだん枚数が増えて難しくなっていくので、ちまちまとユニットを折っていきたいと思います。
最後は90枚~♪σ(^◇^;)





↓ランキングに参加してます。
1日1回ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

読んで下さってありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



| Petit Memo ~ぷちめも:専業主婦の暮らしTips~ホーム |

▲TOPへ